FOMCが終わったと思えば、今度はトランプ砲が炸裂。

FOMCが予定通りの内容で通過して、株式市場もそのイベントドリブンを終えたと思ったら、トランプ大統領(自称関税マン)の、一撃が炸裂してしまいました。

気がついている方もいるかと思いますが、このトランプ大統領の一撃は、株価が高いところでやってきます。

FOMC前から、対フランスであったりのコメントがあったのですが、FOMCに相場の視点が行っていたため、株式市場はあまり反応しませんでした。

で、FOMCが終わっての大きな痛恨の一撃です。
トランプ大統領にとっては、会心の一撃です。

株が上がってきて加熱してくると、冷水を浴びせてきます。

大統領にとって、株価が下がることは本意ではないのですが、一気に上がりすぎてしまうのも、困りものです。

ですので、こうやってある程度コントロールしてきているのがありありです。

もちろん、コントロールできるということは、それだけ米国の株式市場が強いということですけれどね。

そう考えると、なにをすべきかは自ずと決まってきます。
そう、リバウンドを狙いにいくことです。

テクニカル的なポイントを押さえることです。
米国matterの内容ですから、米国株のターニングポイントに合わせていくことになりますね。

S&P500のチャートを貼っておきましょう。
ヒントも書いてありますから、イメージできるでしょう。

 

 

株や相場で成功する為の第一歩
1day集中セミナー(体験入学会) 2019 開催してます。
有料ですが、よくある無料の集客セミナーとは違い、しっかりとした内容で実施します。
詳細はこちらからご確認ください。