中国市場にツレて値を戻す。

KYB、次のコツンは、あの辺りか

 

引け味の悪かった金曜の米国市場を受けて、下げてスタートした日本市場ですが、中国市場の爆騰にツレて値を戻していき、結局プラス引けとなりました。

先週末から今日朝の流れからは、もう一度下を見に行くような展開だったのですが、中国にひっくり返されてしまいました。

ここから上は、強弱感が対立する、ポイントがいくつか鎮座しています。
ここは一気にクリアしていかないとなかなか厳しいでしょうから、上を狙いたい人達は、一気に仕掛けてくるのではないかと思います。

ただ、それにはやはり米国市場の後押しが必要な訳で・・

主体性の無い、日本市場は、昼間の中国、夜の米国と
あっちに、こっちに振り回されます。

中国、米国が同方向
または、相場が中国への興味がなくなる

となれば、わかりやすくなるのですけれどね。

 

 

株や相場で成功する為の第一歩
1day集中セミナー(体験入学会) 2018 開催してます。
有料ですが、よくある無料の集客セミナーとは違い、しっかりとした内容で実施します。
詳細はこちらからご確認ください。