総理大臣の決定・・相場のジンクス

安倍総理の辞任から数週間、新しい総理大臣が決まりました。
なんにしても、まともに仕事をしてもらうことを望みます。

しかし・・・・国会議員70歳定年にしたらどうですか・・・・・

今回は、総理大臣決定と同時に株価はほとんど反応しませんでした。
大なり小なり、瞬間的な動きくらいはあっても良いと思うのですが、その瞬間的な動きすらなく、メインプレイヤーにとってはどうでもいいということのようです。

ところで・・

相場にはジンクス、というか、だいたいこんな反応するよねってのがあります。

それが、瞬間風速的なのか、ある程度に日数続くのかは、その中身次第ですが、概ね政権が動くときは買われる方向です。

ここのところの選挙では自民党が勝つたび買われましたし、
空虚な人に悪夢と言われたあの政権の誕生時(正確には、選挙で圧勝した翌日)にも、株価大きく買われました。(朝方だけでしたが・・)

日本以外では、大統領選挙の前は買われやすいなんてのもありますね。

もちろん、政治に絡まないものでも、いくつかあって、毎月の局面で起こるジンクスはかなりの精度です。

あまり深く考えずに、これだけをアテにしていっても、けっこうイケるのが相場だったりします。

コツは、これらは長続きするものだと思わないで、利益が上がれば早々に切り上げる。また、絶対ではなくダメなときもあるので、その場合は早々に諦めることも大切ですね。

知って、理解して行えば、なかなか愉快なジンクストレードです。